• Chieko Madenokoji

23年続くチャリティイベント

今年9月最初の週末、フアラライリゾートはRun for Hopeの会場に。American Cancer Society、ハワイ大学がんセンターと共同で開催の、癌研究のためのチャリティイベントは何と23年目。


金曜日:ハワイ島シェフが腕を競うTaste of Hawaii Island。テイスティングとサイレントオークション。

土曜日:ゴルフトーナメント、テニストーナメント

日曜日:5キロまたは10キロ の Run/Walk。 その後、灯篭流しならぬ、祈りをこめたお花をカヌーで海へ。



朝6時45分集合。ストレッチの後、7時スタート。リゾート内5キロコースを1周または2周。


おそらく300人ほどの参加者をボランティアのスタッフが整然とさばき、提供されたTシャツ、または思い思いの服装に身をつつむ、走る/歩くグループに参加してみました。トライアスリートが先頭を切り、最後尾には乳母車に赤ちゃんを乗せたファミリーあり。


見慣れたリゾート内景色ながら、いつもはゴルフカートで走り抜けてしまうところをゆっくり歩いてみるのは、気持ち良く、すがすがしい日曜日のスタートでした。


歩きながら、そして海に流した花に祈りを込めながら、癌と戦った人、戦っている人に思いを寄せる良い機会でもありました。



この週末に寄せられた参加費、サイレントオークション売上は、昨年を上回る寄付額となった模様です。